読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある魔術のindex_html

すきなものについて語ります

練習したい

音楽 バイオリン

毎朝の支度をしたあとで、楽器のチューニングをして基礎音階練習をする。これはなんだか瞑想的だなぁとよく思う。

チューナーの針がピシっと中心をとらえる音を狙って鳴らす。揺らぎのないはっきりした音を出す。なるべく継ぎ目のわからないように弓を返して次の音を正確に出す。これの繰り返し。

季節によって楽器の状態は結構変わるし、しばらく弾けない期間があるとチューニングはすぐに狂う。ペグをぐりぐり回して固定したら、今度は自分の状態がわかる。集中できる精神状態かどうか、力みすぎたり脱力しすぎたりしてないか。焦ってないか。

瞑想、という行為そのものは私はあまり合わないというか、目を閉じていると却っていろいろ気になってきてしまうのだけど、音階練習だとうまく自分のためだけの時間を用意できるように思う。

学生時代に鍵盤楽器を習っていた頃は練習あんまり好きじゃなかったけど、最近は楽器弾けない日が続くとストレスが溜まる。出張したときもなんとかして練習できるといいんだけどなー。