読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある魔術のindex_html

すきなものについて語ります

楽器

先週末にバイオリン工房を訪れた。私の師匠とずっと付き合いのある工房で、2年ほど楽器をレンタルさせてもらっている。私はその楽器をとても気に入ってダンナと名付け、毎日イチャイチャしている。もうレンタルよりもお買上げしたいなという気持ちが起こり、工房に買い取りの相談に伺った。

工房では比較検討用に同じサイズ(8分の7)のものをひとつ試奏させていただいた。

バイオリンとは、いっちょまえに弾こうとしたなら量産品ではなく工房製のものを選ぶことになり、数十万円〜数億円にいたるピンきり沼に片足を踏み入れるものだ。職人さんによるとダンナは工房製で、形もふくらみも現行のフォルムとは違った特徴をもっているそうだ。「僕が修理したんですがほんとにいい楽器なんですよ」と誇らしげ。

試奏させていただいたのは80年前くらい?のフランス製で、仕上げのみを職人が手掛けた半量産品。とはいえ良く鳴ることは私にもわかるし、音色もやわらかく明るい感じだった。しかもお値段はダンナより4割くらいお安かった。結構心が揺さぶられたのだが、2年使い込んだ愛着には代えがたい!ということでやっぱりダンナと添い遂げることにした。

古いバイオリンはボディの木材が乾燥しきって湿度の影響をうけにくく、良い音がする。ダンナは新しく見積もっても1850年頃につくられたものだそうで、枯れた良い音が鳴るようだ。加えて見た目のアンティーク感というか、古い板にしかない風合いもかっこいい。買い取ることを決めたら、職人さんはうれしそうに、歯医者が使うようなミラーを取り出してf字孔に差し込み、これまでの修理跡をみせてくれた。

160年以上前にドイツかどこかでつくられて、1905年にチェコで修理された楽器が、たくさんの奏者や職人さんの手を渡って、私のところにやってきたのってすごく尊くないですか。よくぞ生き延びてくれたなぁ。私もこの楽器を引き継ぐのだから、見合う腕を身に着けなくちゃな。

昨日はセッションだった。バイオリンでの本番はもう10回目とかになる!演奏の機会に恵まれているのはありがたいことだ。 今回は正直なところ練習不足で、ミスが多かったのが悔しいのだけど、前回・前々回のセッションでご一緒した方から「毎回レベルアップしてるのがわかる」と言って頂けたし、1曲だけすごくうまくいったのがあって、それを褒めてもらえたので嬉しかった。バイオリンをやってない人から褒めてもらえたのははじめてかもしれない! そんなに緊張せずに弾けるようになってきたのも自分としては前進した実感がある。周りの奏者の方の演奏がとにかくレベル高くてリスナーとしても最高にたのしかった!

バイオリンをはじめて、あと2ヶ月くらいでちょうど3年が経つ。始めた頃は3日坊主で終わるかもしれないと思ってあまり表立って練習していることを言えなかったけど、今はすっかり自分の生活とアイデンティティの一部になった。バイオリンをやってなかったころの自分の生活はもううまく思い出せない。 弾ける状態があるかぎり大切にしていきたいなぁ。

今回のセッションでは3ポジと高音域に印をつける小細工をした。KIRINJIの弓木ちゃんがそうしているのを見て、よい演奏をするための工夫に感じ入り、真似した。安心感があって落ち着いて弾けてよかった。

お題「演奏できる楽器」 お題「愛用しているもの」