読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある魔術のindex_html

すきなものについて語ります

今月は趣味に100万円使った

1年半くらいレンタルしていたバイオリンを買い取った。私にとってはこれまでの人生でもっとも大きな買い物。それに加えて、練習やバンドセッション用のエレクトリックバイオリンと、あたらしい楽器ケースを買ったので、今月は合計3桁万円を趣味に費やしたことになる。やばい。

私がバイオリンをはじめたのは3年ほど前なのだけど、気づけばオーケストラではパートのトップサイドをやったり運営メンバーの一員になったりしているし、オーケストラ以外でもセッションやアンサンブルにも参加するようになって、ずいぶん活動の幅が広がってきた。楽器があると知らない人の輪にも飛び込んでいきやすい。

3年のあいだにときどき楽器のサイズやレンタル先を見直して、今私が使っているバイオリンは3台目。よく鳴って、見た目にも品格を備えた楽器と出会えたと思う。愛着も出てきたことだし買うことにした。

blog.sugawa-haruka.com

早くこの楽器を使いこなせる腕前がほしい。とはいえ、練習できるのは平日だと朝の仕度を終えてからの30分ほどと、仕事から帰ってきてからの1時間くらい。仕事で疲れている日や飲み会がある日は朝しか弾けない。ということでずっと、夜遅くなっても練習できるようにエレクトリックバイオリンがほしかった。

エレクトリックバイオリンはサイレントバイオリンとも呼ばれていて、ちょうどアコースティックギターに対するエレキギターと同じ存在。本体が木の箱になっていないので楽器単体では音が増幅されず、小さい音で練習することができる。

↓欲しい様子 blog.sugawa-haruka.com

買ったのはこちらのヤマハ製エレクトリックバイオリン。デザインが格好いいし、普段使っている肩当てをそのまま使えるし、エレキにしては軽量。お値段も、エレクトリックバイオリンの中ではお手頃な部類だった。

ヴィオラの音域も出せる5弦のものに興味があったけど、試奏してみたら移弦の感じが4弦と全然違った。これでは練習というよりはもはや別の楽器。ということで4弦に決めた。

楽器屋でエレクトリックバイオリンを物色していたところ、私の(アコースティックな)バイオリンに店員さんが興味を示して「いい楽器ですね!」と褒めてくれたり、工房事典のようなものをめくって、木目や形から「ドイツの堅い木材でつくられていますね」と鑑定してくれたのでなんとなく誇らしい気持ちになったりした。

次はアンプも買わないといけないかな〜と思ってたけど、シンセ用のスピーカーとして買ったコレがアンプを搭載していることに気づいたので買わなくて済んだ。

Roland ステレオ・モニター・アンプ CUBE Lite MONITOR CUBE-LM-WH

Roland ステレオ・モニター・アンプ CUBE Lite MONITOR CUBE-LM-WH

さっそくエレクトリックバイオリンと繋いでみたら、リバーブなんかもかけれたりして面白い。iPhoneから音を出して、それにのせて演奏もできるし、Rolandのアプリを使えばボーカルキャンセルとかもできた。思いがけず自宅での演奏体験も広がって満足。

1850年(頃)の楽器と2016年新作モデルの楽器が狭いワンルームに共存しているのは少し不思議なかんじ。

バイオリンをはじめるまではこれといった趣味もなかった私にとって、自分のためにこんな大きな買い物をすることになるのは驚きである。だけど、今はその価値を理解できる。3桁万円を無駄な出費にしないくらいの活動ができる自信もある。

「大人からバイオリンを始めた」と言うと驚かれることが多いし、実際に大人になってから始める人は少ないみたい。だけど3年間楽しくやってこれたので、新しく物事をはじめることに対してポジティブになれた気がする。楽しんでいればいつの間にか活動範囲は広まるし奥深さも増すんだな〜。

先週末は発表会でコンツェルトに挑戦した。本番の場数も結構踏んできたからそんなに心配はしていなかったけど、オーケストラやセッションでは他にも出演者がいるのに対し、ステージ上に1人という状態の場数はそんなに踏んでなかったことに、壇上で気がついた。やっぱり緊張した。



それどこ大賞「買い物」
それどこ大賞「買い物」バナー

今後はさすがに節約していこう…