とある魔術のindex_html

すきなものについて語ります

DTM会

前の記事に書いたとおり、週末はオーケストラ仲間とスピンオフ企画でDTM会をやった。 会場は我が家。人を招く機会はあまりなくて、今の家に引越してから友人が来てくれるのは2回目なので、なんかちょっと緊張した。

今回は初回ということで、各自で菅野よう子楽曲を分析したものを持ち寄り発表したのと、これまでに作った曲を聴き合う会となった。 オタクの集団なのでめちゃくちゃ盛り上がったし勉強になった。菅野よう子曲がいかに変なことを確信犯的にやっているのか、そしてシンプルな部分とうまくバランスをとっているのか、、あらためて自分たちで発見できるのは貴重で最高な体験。 もうスリーコードでは全然満足できないカラダになってしまっている。でも菅野よう子なら、スリーコードしばりでも良い曲書きそうだな。

ずっと塩づけていたCubaseAIの使い方も少し教わったので、私もまた打ち込みができる状態になった。次回、来月開催までに何かしら作るのと、もう1曲分析することが宿題なので、気負わずにやってみるぞ。